レーシックの失敗例はクリニック環境に問題がある

レーシックの失敗例はクリニック環境に問題がある


レーシックの失敗例はクリニック環境に問題がある
レーシックでのフラップの作成やレーザーの照射時におきましては、角膜が無防備な状態で出ていますので、その結果感染症を引き起こしやすくなっています。
なので消毒や滅菌などがクリニックでしっかり実施されているかが選ぶポイントとなるのです。 メガネ等を使っている人の多くは裸眼で周囲が見えるようになることに大きな期待と不安を持っていることでしょう。
レーシックで視力を取り戻した人の多くは驚きの声を隠すことが出来ないほど喜びに満ちているのです。
レーシックにおける少々酷い失敗例なのですが、感染症を引き起こしてしまう可能性はゼロではありません。
特に多いのが角膜感染症と呼ばれているものであり、手術時に角膜に細菌やウイルスに感染をしてしまうのが原因となります。

レーシックにおきましての失敗例の多くがクリニック側の衛生管理が原因となっている事実があります。
このことから手術そのものの危険性と考えるよりも、クリニック側が大きな問題と言えるのです。




レーシックの失敗例はクリニック環境に問題があるブログ:21年01月18日

結婚して数年経って、
平穏な日々を送っている今も、
わたくしにはしばしば眺めている数枚の写真があります。

それは
ママと幼いわたくしが写った数枚の記念写真。

新宿の街角で、青い染め抜きの花模様の着物を着て、
微笑むママのそばでにっこりしているおかっぱ頭のわたくし。

どこまでも広がる黄色い菜の花畑で、
花に顔をうずめている小さなわたくしと、
それを見守るママの優しい笑顔。

長い一本の道を、
手をつないで歩いていくママとわたくしの後姿…

子供の頃の思い出の横にはいつもママがいて、
わたくしはこんなにもママに見守られて、
育まれてきたのだという実感が、いつも心を暖かくしてくれます。

でも子育てをしてみて
わたくしは初めて気がついたことがあります。

それは、
ママとの思い出の数々を今日の日まで残してくれたのは、
そのフレームの中にはいない親父だったということ。

不思議なくらい、今の今まで気がつかなかった…

子供が生まれて、
わたくしがカメラを持つようになり、
アルバムを作ってみれば…

そこには、
子供を抱く旦那、
子供をお風呂に入れる旦那、
子供を子供寝かしつける旦那…

わたくしとの写真なんてまるでなくて、
これじゃ将来うちの娘はわたくしが育児放棄をしたと思うかなぁ…なんて
苦笑いしています。

写真という記憶の不思議。
フレームに存在しないという、存在感。

「気づくのが遅くなっちゃいましたね。お父さん」

でも間に合って、よかった。
今までずっと、ありがとう…

控えめな親父の深い真心に、
わたくしは心から感謝しています。

親父のおかげで、
わたくしもママも幸せな思い出をいつまでも
抱き続けることができるんですね。
レーシックの失敗例はクリニック環境に問題がある

レーシックの失敗例はクリニック環境に問題がある

★メニュー

誰もが最も気になるレーシックの治療費用
レーシックの失敗例はクリニック環境に問題がある
目に疾患がある時にはどうすればよい
レーシック手術の使用器具について
レーシックとドライアイとはどんな関係があるのか
適性はレーシックの種類で大きく異なる
あのプロスポーツ選手もレーシックを受けました
レーシックは妊娠中は避けるようにしましょう
レーシックを受けることが不可能な目の状況
あなたに見合ったレーシックの種類を把握


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)レーシックについて知り隊ガイダンス