レーシックを受けることが不可能な目の状況

レーシックを受けることが不可能な目の状況


レーシックを受けることが不可能な目の状況
レーシックの手術におきましては、角膜の形をレーザーを使用し次第に調整をしていくことになります。
目に入ってくることとなる光の屈折の角度を調節していきますので、角膜というのは非常に重要な部分となるのです。 あまりにも数多く存在しているレーシックに関する情報サイトの中には、経験の浅い医師のクリニックが紹介されていることがあります。
レーシックはとにかく経験豊かな医師へ相談をすることが最も大切なことなので、事前に調査をしておくようにしましょう。
レーシックの手術をすることの出来ない場合というのは、角膜の厚みが足りない方が挙げられます。
あなたの角膜というのは事前の検査をすることによって、知ることが出来るので後々問題になってくることはありません。

レーシック手術では角膜をレーザーで削った後だったとしましても、十分な厚みが残っていれば再手術が可能となります。
角膜の厚みにつきましては、事前に各クリニックで検査をしてくれるので心配はいりません。




レーシックを受けることが不可能な目の状況ブログ:21年04月13日

1年ほど前に、家の車を買い替えようかという時、
わたくしが
「マニュアルミッションの車にしたい」
「どうしてもクラッチを踏みたい!」
と力説していたところ、
奥さんは「わたくしの乗りたい車にしよう」と言ってくれました。

普段は奥さんの方が車に乗る機会が多いので、
奥さんにとっては不便なのにもかかわらず、
わたくしが喜ぶからといって、そう言ってくれるのです。

その想いに触れた時、
わたくしは何とも言えない気持ちになったのを覚えています。

また、
わたくしが出掛ける時には、
奥さんはおにぎりを作ってくれます。

いつも何の気なしに食べていたのですが、
ある時、ふと
「奥さんは、どんな気持ちでこのおにぎりを作ってくれて、
わたくしに持たせてくれてるんだろう?」って。

その想いに触れて、
おにぎりを食べながら、
わたくしは涙が出そうになったことを覚えています。

それらを思い出した時、わたくしはハッとしました。

毎日作ってくれるご飯…
出掛ける時にかけてくれる「いってらっしゃい」という声…
アイロンのかかったシャツ…

全てに奥さんの愛と想いが込められているということに改めて気づいて、
ハッとしたのです。

「わたくしはこんなにも愛されていて、
こんなにも大事に想ってもらっているのか!」

そして同時に気づきました。
わたくしの愛し方がいかに独りよがりだったか…ということに。

わたくしは奥さんのことが大好きで、
とっても愛しているのですが、その愛し方というのは、
わたくしが一方的にその愛情を与えるだけで、
奥さんの愛や想いというのを
全然受け取れていなかったんですね。

奥さんのことが好きだからといって、
その愛を奥さんに与えて、
それで一人で満足している部分があることに気づきました。

レーシックを受けることが不可能な目の状況

レーシックを受けることが不可能な目の状況

★メニュー

誰もが最も気になるレーシックの治療費用
レーシックの失敗例はクリニック環境に問題がある
目に疾患がある時にはどうすればよい
レーシック手術の使用器具について
レーシックとドライアイとはどんな関係があるのか
適性はレーシックの種類で大きく異なる
あのプロスポーツ選手もレーシックを受けました
レーシックは妊娠中は避けるようにしましょう
レーシックを受けることが不可能な目の状況
あなたに見合ったレーシックの種類を把握


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)レーシックについて知り隊ガイダンス