レーシックを受けることが不可能な目の状況

レーシックの手術におきましては、角膜の形をレーザーを使用し次第に調整をしていくことになります。
目に入ってくることとなる光の屈折の角度を調節していきますので、角膜というのは非常に重要な部分となるのです。 あまりにも数多く存在しているレーシックに関する情報サイトの中には、経験の浅い医師のクリニックが紹介されていることがあります。
レーシックはとにかく経験豊かな医師へ相談をすることが最も大切なことなので、事前に調査をしておくようにしましょう。
レーシックの手術をすることの出来ない場合というのは、角膜の厚みが足りない方が挙げられます。
あなたの角膜というのは事前の検査をすることによって、知ることが出来るので後々問題になってくることはありません。

 

レーシック手術では角膜をレーザーで削った後だったとしましても、十分な厚みが残っていれば再手術が可能となります。
角膜の厚みにつきましては、事前に各クリニックで検査をしてくれるので心配はいりません。



レーシックを受けることが不可能な目の状況ブログ:20年11月09日

お母さんが不眠症になった。
原因は、癌が見つかったからだ。

65年間大きな病気をしたことがなく、
また医者嫌いのお母さんは自分の病状の説明に怯えきった。

パートの仕事はすぐやめたが
お母さんは人生に絶望してしまっていた。

衣服を処分し、
手紙やアルバムの整理をはじめながら
「1年に一度くらい検診を受けておけばよかった」
と何度も繰り返した。

そして、
22時は眠れず不規則にうたた寝ばかりしている。
睡眠導入剤も処方してもらったが、
本人は「眠った気がしない」と不満げだ。

俺は
不眠症解消の本を何冊も買い求め、
軽いトレーニングをすすめ、音楽をきかせた。

香を焚き、温かいミルクをのませたり
瞑想をさせ、ツボ押しやマッサージもやってみた…

何をやってもこれといって効果はなかったけれど、
お母さんの精神状態は深刻なほど落ち込んでいるのだから
根気よく続けなければ…とあきらめなかった。

こちらまで不眠症になりそうな連日が続くなか、
俺はみっかほど出張しなくてはいけなくなった。

寝たきりの病人ではないから身の回りの心配はいらないが、
1日に一度は連絡をいれたい。
22時は遅くまで仕事があったので、
6時早くに電話をかけることにした。

ふだん電話などしないものだから新鮮だったのか
お母さんはいろいろと話しだした。

けれど、
俺は疲れていて相槌をうつのがやっとであった。
そうやって2時間ほどお母さんがしゃべるのをただ聞いていた。

翌日、また同じ時間に電話をかけると、
お母さんはすがすがしい声で「昨日ね、よく眠れたわ」と言った。

「たくさん話を聞いてもらって気がらくになったから」
返す言葉に詰まった俺の様子にお母さんは気づかず、
嬉しそうにしゃべりだした。


ホーム サイトマップ