レーシックとドライアイとはどんな関係があるのか

そもそもドライアイというのは、長時間目を開けていることが出来ないで、異物感を感じる症状となります。
これは長時間コンピュータのモニターやテレビを見ている人に比較的多い症状ですのでご注意ください。 視力のことで悩みを抱えている人というのは世界中で非常に多くいらっしゃいます。
これまではメガネやコンタクトなどの補助器が使用されてきましたが、今ではレーシックによって視力回復をすることが出来るのです。
レーシック手術をしたいと考えている人の中には、ドライアイの症状がすでに出てしまっている人もいるかもしれません。
ドライアイを引き起こしてしまっている人というのは、残念ながらレーシックをすることが出来ないケースがあります。

 

ドライアイとなっている人でも、状況によりましてはレーシックの手術を受けることは出来ます。
しかし重い強度のドライアイにおきましてはレーシックを受けることが出来ないことを覚えておきましょう。



レーシックとドライアイとはどんな関係があるのかブログ:21年04月12日

お腹をへこませるということは、
最終的には、お腹についた脂肪が減って、
体重も減少するということです。

体重を減少させる最大の要因は
消費カロリーと摂取カロリーのバランスです。

消費と摂取のバランスが良く、必要な分だけ食べていれば、
太りもしないし、痩せもしないとなるわけです。

自分として一定の体重を維持していくことが、理想的な状態で、
減量成功後には、
この状態を続けていくことが大切になります。

人間の身体は、加齢と共に基礎代謝が低下します。
その分、食べる事量を減らさなければ太ってしまいます。

若い時と、年をとってからでは体操量も違います。

年齢的に代謝が落ちても
以前とほとんど同じ量の食べる事を食べていては、
摂取カロリーが多くなって太りやすくなります。

個人的な体質にもかなりの差があります。
同じ量の食べる事を食べてもどれだけ吸収するか、
体操にしても消費カロリーは同じではありません。

なので、
自分の体質に合った方法で減量することが大切です。

もうひとつ大切なことがあります。
それは、
「減量=苦しい」と考えていたのでは、
成功は望めないということです。

減量中は苦しいと思う人がほとんどですが、
実質的には、何の我慢もしていないのではないのでしょうか?

必要以上につい食べ過ぎてしまった自分に対して、
自己嫌悪になるのが苦痛なだけで、
減量の苦しみとは関係ないのではありませんか?

苦しいな…と思うから
減量が最後まで続かないのです。
急激に体重を落とそうとするから辛くなるのです。

一ヶ月に1〜2キロを確実に減らしていけば、
1年で20kg前後の減量になります。
ゆっくり確実な減量を心がけるべきです。


ホーム サイトマップ